報道のご紹介

まちづくりフォーラム - 2018-07-12

2018年7月12日 日刊県民福井

5年後の北陸新幹線県内開業に向けた「交流新時代に向けたまちづくりフォーラムin嶺北」が14日午後1時半~4時半、福井市下六条町の県産業会館で開かれます。
福井大学術研究院の川上洋司特命教授が、北陸新幹線の概要と、どのような地域交通ネットワークが求められるのかを説明します。

アジアから留学 14人を奨学生に 江守育英会 - 2018-07-12

2018年7月12日 福井新聞

江守アジア留学生育英会は、福井大、県立大の学部、大学院の留学生14人を本年度(第24期)の奨学生に選び11日、福井市の日華化学「NICCAイノベーションセンター」で認証式を行いました。
中国、ベトナム、ミャンマー、マレーシアの留学生が面接を経て選ばれました。福井大の眞弓光文学長、県立大の進士五十八学長らを交えた懇談パーティーも行われました。

福井大と廃炉技術研究 関電、廃棄物の低減目指す - 2018-07-11

2018年7月11日 日刊県民福井、中日新聞

関西電力は10日、美浜原発1、2号機(美浜町)などの廃炉工事で利用できる製品や技術について、毎年募集している共同研究の相手としてふくいだいを採用したと発表しました。
福井大附属国際原子力工学研究所が主体となり、廃材の発生から市場流通までの流れをシミュレーションし、製品化や処分のシナリオを作成。その過程で出てくる問題の解決法を探り、廃材の再利用を目指します。

浴衣で茶道楽しむ 福井大留学生が体験 - 2018-07-09

2018年7月8日 日刊県民福井、中日、福井新聞

留学生向けの浴衣や茶道の体験イベントが7日、福井市の県国際交流会館であり、約20人が日本文化を楽しみました。浴衣の着付けイベントが留学生の人気を集めていることから、福井大国際センターが初めて企画。留学生の要望を取り入れ、茶道の体験も一緒に行いました。

生産年齢人口の減少 「ロボット、AI鍵」 福井大出身、奥山氏講演 - 2018-07-09

2018年7月7日 福井新聞

福井大産学官連携本部協力会の総会・講演会が3日、福井市の福井商工会議所ビルであり、産業用のロボットシステムの構築などを手掛けるHCI(大阪府泉大津市)の奥山剛旭社長が講演しました。福井大出身の奥山氏は製造現場でのロボット導入や、開発が進む人工知能(AI)の動向を解説しました。

全ての記事を見る