海外留学に初挑戦@オーストラリア~②留学生活編

みなさん、お久しぶりです!

学生広報スタッフの伊藤彩です。

さっそく、わたしが夏季休暇に大学のプログラムで行ってきたオーストラリア留学について紹介してきます!(^^)!

 

滞在期間は4週間ほどで、サザンクロス大学では英語能力の習得を主目的とする語学研修が行われました。

 

大学の敷地内には、コアラホスピタルという、事故によって負傷したコアラをボランティアの方たちが、保護し世話をする施設があります。

ボランティアの方の中には、日本人の学生の方もいて、コアラの生態だけではなく、オーストラリアについて、様々なことを教えていただきました。

週に1回、そこに足を運び、コアラのかわいさに癒されていました(^^)

写真1

 

 

 

 

 

 

授業は、月曜~金曜の午前9時~午後3時まで行われました。

ここでは、英語によるコミュニケーション力を重視し、聴講だけではなく、ゲームやクイズ、ペア・グループワーク、プレゼンテーションを通して主体的に取り組めるよう構成されており、英語が苦手なわたしでも楽しんで授業に参加できました。

写真2

 

 

 

 

 

1週間に1度は、バスに乗って、ビーチや動物園、キャンプに遠足に出かけました。

また、サーフィンをしたり、コアラに触れあったりする機会が豊富に設けられており、日本の20倍の広大な大地を持つオーストラリアを全身で感じながら、英語を実践的に学びました。

わたしは、Currumbin Wildlife Parkを訪れ、様々な動物たちと触れ合い、とても楽しい時間を過ごしました!

写真3写真4

写真5 写真6

 

写真7 写真8

 

また、別日には、異なる動物園を訪れ、大蛇を首に巻いたり、カンガルーに餌を与えたりと、様々な動物たちと触れあいました。

写真9 写真10

 

写真11 写真12

写真13

 

また、Local schoolを訪ねて、子どもたちと自国の文化について話したり、一緒にバスケットボールをして、スクール内を走り回っていました。

子どもたちが、元気でパワフルなのは、世界共通なのだと思います(*^_^*)

写真14

写真15

人気のリゾート地であるゴールドコーストでは、透き通った海と真っ白な砂浜の美しいビーチを見ながら、ショッピングをして楽しみました。

わたしが最もうれしかったことは、オーストラリアのUGGショップで、日本の価格の半分ほどで、ブーツやグローブを買うことができたことです。

また、オーストラリアの方たちは、初対面でも、とてもフレンドリーで陽気な方ばかりなので、ビーチでは、直ぐに打ち解け、お話しをしたり、ラグビーをして楽しんでいました!

写真16とメイン

 

わたしの一番の思い出は、早朝に、ゴールドコーストという名のもと、黄金色に輝く朝日を見ながら、ジョギングできたことです!

写真17 写真18

オーストラリアのフードはどれもおいしいものばかりでした。ケーキやジェラートに至っては種類は豊富過ぎて、毎回どれにするのかを決断するのに30分以上かかっていました<(_ _)>

写真19 写真20 写真21写真22 写真23 写真24

 

 

放課後や休日は、現地の学生とスポーツを通して、交流を計ったり、ホストファミリーとゴールドコーストにあるショッピングモールに出かけたり、自宅の庭でスポーツをして、充実した毎日を過ごしました。

 

この写真は、ホストマザーと訪れたマーケットです。オーストラリアのおしゃれな町並みに心が躍ってばかりでした。

写真25

 

自宅や、その近郊で、ダーツ、テニス、ゴルフなどをして、とても楽しい時を過ごしました。

写真26 写真27 写真28

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ホストファミリーの孫が飼っている競馬用の馬に餌をあげました。

とても素敵な白馬でした!

オーストラリアは、日本と比較しても、人と動物との距離が近く、日常的に動物に囲まれている生活に魅力を感じました。

写真29

 

また、ある日は、海に出かけて、オーストラリアの潮風を感じていました。

運が良かったのか、この日は、たまたまイルカとサメを見ることができました。

本当に、ラッキーでした( ^^) !!

写真30 写真31

最後に食事について…

ホストファミリーの作る、朝食、昼食、夕食、どれも美味しかったです。

特に、昼食は、わたしが大好きな日本食である、生ハム巻おにぎりや巻き寿司を作ってくれ、夕食はオーストラリアン料理のミートパイや日本食の天ぷらを作ってくれ、ホストファミリーと過ごす家族団らんがとても楽しみでした!

写真32 写真33 写真34 写真35 写真36